塗り替えシミュレーション

ご相談・お問い合わせフォーム

ご検討中の方へ

WEB限定プラン
施工例とお客様の声
保証書発行と瑕疵保険について
一級塗装技能士
家ェ門ブログ

外壁塗装作業工程

足場組み立て

・単官抱き足場(通常の足場)
・クサビ打ち込み式足場(作業床が広めの足場)
お客様の建物の状況や立地条件等により、これらの足場を使い分けていきます。足場仮設が終わったら、必要に応じて飛散防止用メッシュシートを張っていきます。
単官抱き足場とクサビ打ち式足場

高圧洗浄

足場が終わったら、高圧洗浄で旧塗装面の劣化やほこりなどの汚れをきれいに落とします。弊社の洗浄機は通常の洗浄機(100K圧)の1.5倍の水圧(150k圧)。より確実な洗浄が行えます。
洗浄前・洗浄後

下地処理

塗装に入る前に、ひび割れなどを確実に補修していきます。ある意味、塗装より重要な工程です。

[窯業系サイディング編]

劣化したサイディング目地

窯業系サイディングの塗り替えには、サイディング継ぎ目(目地)の処理が必要になります。 目地のシーリングが割れるとサイディング小口から吸水し、サイディングの爆裂・割れなどを起こします。

サイディング目地打ち替え後

ですから、窯業系サイディングの塗り替えには、この「目地打ち替え」が必ず必要になります。 古い目地のシーリングを全て撤去し、新たにシーリング材を充填した上で塗装を掛けていきます。

 

[モルタル壁編]

ひび割れ(補修前)

モルタル壁のお手入れで一番気になるひび割れ(クラック)。
ただ一時的に埋めるだけなら簡単ですが、それではひび割れの根本的な解決にはなりません。

Vカット処理

ひび割れの周辺は、他の部分より確実にもろくなっています。ですから、グラインダーなどの電動工具で脆くなったモルタル部を取り除いていきます。(Vカット)
写真のようにひび割れを広げることにより、シーリング材の充填量を増やすこともできますので、ひび割れ対策には有効な工程です。

シーリング処理

Vカット後には、プライマー塗布〜シーリング処理をして、

樹脂モルタル処理

さらに樹脂モルタルを塗りつけた上、ひび割れ周辺と合わせたパターン補修をして終了。合計5工程。

中塗り

窓サッシなど汚さないようにビニールでカバーして、いよいよ塗装に入ります。
下塗りにも、●シーラー ●フィーラー ●微弾性フィーラーなど種類があり、そのお宅の状況により使い分けていきます。
下塗り後・下塗り前

中・上塗り

中・上塗りは、同じ材料で2回塗りが基本になっています。ローラーやハケなどを使い、適正な厚さに仕上がるよう丁寧に塗り上げていきます。
ローラーやハケを使って丁寧に細部まで塗装

付帯部の塗装

外壁はきれいに仕上がりましたが、その他の付帯部も丁寧に仕上げます。

雨樋

雨樋や破風板なども、劣化した旧塗装などを丁寧に取り除いて行きます。

 

破風板

こんなに傷んだ破風板も、

下地処理

下地処理〜上塗り3回塗りで、新築同様に生まれ変わります。

完成

1色だった外壁をツートーンカラーに塗り替えました。新築同様の仕上がりです!!
ツートンカラー

 
ご相談・お問い合わせフォーム
 
ページのトップへ
 
(有)家ェ門 〒227-0061 横浜市青葉区青葉台1-29-11 はままつビル2F
 TEL:045-306-5528 FAX:045-306-5538
地区 地域
横浜市 青葉区 緑区 都筑区 瀬谷区 旭区 港南区 神奈川区 鶴見区
川崎市 多摩区 麻生区 高津区 宮前区 中原区 幸区 川崎区
東京都 多摩市 町田市 稲城市
※上記が業務範囲ですがその他地区地域についてもご相談下さい。