塗り替えシミュレーション

ご相談・お問い合わせフォーム

ご検討中の方へ

WEB限定プラン
施工例とお客様の声
保証書発行と瑕疵保険について
一級塗装技能士
家ェ門ブログ

屋根塗装作業工程

高圧洗浄

施工前のコロニアル屋根。 「色あせ」「コケ・藻」の発生は、屋根材の防水効果が落ちてきているサインです。

屋根も外壁同様、150K圧の高圧洗浄機で劣化面(コケ・藻など)を落とします。

高圧洗浄しただけで、こんなにきれいになってしまいます。

下塗り

高圧洗浄後十分な乾燥時間を取り、下塗りをします。 シーラーという下塗り材を塗るのですが、下地の傷み具合によって、 2回塗りすることもあります。

シーラーを塗り終わったときに、飴色になるくらいツヤが出ればOKです。 塗り終わってもツヤが出ないようならば、下地の傷みが激しい証拠。ツヤが出るまでもう一度塗り直しをします。

棟おさえ・水切り錆止め

屋根の棟おさえなど、トタンの部分の錆止めを塗ります。

錆落としを十分に行った上で、防錆力・付着力に優れたエポキシ系錆止めを塗装します。

中塗り

屋根の場合も外壁と同じで、中塗り・上塗りは同じ材料を2回塗りします。 中塗りを塗って、十分乾燥時間を取ります。

縁切り

塗装をすると、屋根の重ね部が塗料で詰まってしまいます。 縁切りとは、瓦と瓦の重ね部に塗装したことによりできた塗膜をカッターナイフ等で取り除き、隙間を作ること。 この隙間を作らないと、毛細管現象で屋根材裏面より雨水や結露した水が吸い上げられ、雨漏りの原因になります。

以前は、写真のように皮スキやカッターなどで詰まった塗料を取り除いていたのですが、この方法だと十分に塗料を 取り除くことができず、漏水の原因になります。 屋根勾配にもよりますが、塗装したがために雨漏りするケースも多々あります。 屋根塗装を行う際は必ず『縁切り』が必要です!

弊社では、屋根の素材等により「縁切り」を行う必要がある場合、タスペーサーという縁切り部材の使用(写真上)をしております。 タススペーサーを使用する場合は、別途部材代金が掛りますので別途ご相談させて頂きます。

上塗り

最後に入念に上塗りをして終了です。

 
ご相談・お問い合わせフォーム
 
ページのトップへ
 
(有)家ェ門 〒227-0061 横浜市青葉区青葉台1-29-11 はままつビル2F
 TEL:045-306-5528 FAX:045-306-5538
地区 地域
横浜市 青葉区 緑区 都筑区 瀬谷区 旭区 港南区 神奈川区 鶴見区
川崎市 多摩区 麻生区 高津区 宮前区 中原区 幸区 川崎区
東京都 多摩市 町田市 稲城市
※上記が業務範囲ですがその他地区地域についてもご相談下さい。